固定資産税

◇ 固定資産税  担当:吉尾

 

6月16日の埼玉新聞で埼玉県新座市で住宅用地に課税される固定資産税について、

新座市が誤った計算を行ったというニュースが報道されました。

 

住宅用地については、税負担を軽減するための特例措置である

特例率(下図参照)があります。

今回、ニュースで取り上げられた問題は、特例率が乗じてなかったのです!

その結果、住民に多大なる損害をさせてしまいました。

  

 

 

固定資産税の

特例額

都市計画税の

特例額

小規模住宅用地

住宅1戸あたり200㎡以下の土地

価格 × 1/6 価格 × 1/3

一般の住宅用地

小規模住宅用地以外の住宅用地

価格 × 1/3 価格 × 2/3

 

 

そこで、今回は固定資産税・都市計画税の計算をしてみたいと思います。

 

そもそも固定資産税とは…

対象となる資産は土地、建物、事業の用に供することができる資産です。

市内に所在する固定資産(土地、家屋及び償却資産)に対し、

1月1日現在の所有者に課税されます

対象資産 具体例
土地 田、畑、宅地、山林 等
家屋 住家、店舗、工場、倉庫 等
償却資産

構築物、機械及び装置、車両及び運搬具

工具、器具及び備品 等

 

 

償却資産を業種別に見ると下記のとおりとなります。

業種 主な償却資産
共通 パソコン、コピー機、エアコン、看板 等
製造業 千万、ボール盤 等
建設業 ブルドーザー、パワーショベル、フォークリフト 等
飲食店業 テーブル、椅子、厨房器具 等
小売業 陳列棚、陳列ケース 等

理容・美容業

シャンプー台、サインポール 等

 

償却資産とは購入してすぐに消耗してしまうものではなく、長い年月をかけて償却するものという

イメージでしょうか。

 

次に都市計画税ですが

対象となる資産は都市計画区域のうち、

市街化区域内に所在する土地や家屋(償却資産は対象外)です。

課税の対象となる資産を1月1日現在、所有する者に課税されるものです。

 

 

 

固定資産税・都市計画税の税額の計算方法ですが

課税の基礎となった課税標準額に下記の税率を乗じて計算します。

 

  税率
固定資産税 1.4%(標準税率)

都市計画税

 

 

0.3%以下(制限税率)
新座市 0.18%
朝霞市 0.2%
さいたま市 0.3%
川越市 0.3%

※ 固定資産税は全国一律ではない

※ 都市計画税は平成26年6月30日現在

 

そんな中から、今回はニュースにもなった土地、家屋に関わる固定資産税の計算がどのようになっているか?

具体例を示しながら、計算を出してみたいと思います。

 

毎年、5月上旬頃になると市区町村より固定資産税の明細書が送付されてきます。

計算をよく確認をすると、“うちってこんな評価なの?”と落ち込むくらい評価額が低かったりします。

まだ、ローン沢山残っているのに~みたいな…

と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

あっ!本題に戻りましょう。

 

固定資産税・都市計画税を計算するにあたっての条件は下記のとおりです。

 

 

 条 件

共通

固定資産税率 1.4%

都市計画税率 0.2%

土地

 

 

宅地  地積:70㎡

 前年度固定資産税課税標準額

1,652,797 

 今年度固定資産税評価額

11,0185,656 

家屋

 

 

居宅  床面積:100㎡

 前年度固定資産税課税標準額

3,549,577 

 今年度固定資産税評価額

3,549,577 

※ 課税標準額は納税通知書「課税資産(土地・家屋)の明細書」を参照

 

固定資産の評価は固定資産評価基準に基づいて行なわれます。

その価格が適正であるかどうか、

市町村役場(東京23区は都税事務所)で閲覧することができます。

 

① 負担水準を求めます。(=評価額に対する前年度の課税標準額の割合)

 

 ※ 負担水準

土地については税負担が地域や土地によって格差がないよう、公平にするための計算です。

 

 

 

今回の具体例で計算すると下記の通りになります。

Ⅰ 固定資産税の負担水準

 

Ⅱ 都市計画税の負担水準

 

 

② 課税標準額を求めます。

土地は負担水準により負担調整措置がとられます。

負担水準 課税標準額
100% 以上 本則課税標準
100% 未満

前年度課税標準額 + (本来の課税標準額 × 5%)

※本則課税標準が20%を下回る場合は20%

(1) 土地(固定資産税) 

負担水準 89% < 100%  ∴100%未満   

1,652,797 + 11,018,656 × 1/6 × 5% = 1,744,619

 

(2) 土地(都市計画税) 

負担水準 300% > 100%  ∴ 100%以上

3,672,885(本則課税標準額)

 

(3) 家屋(固定資産税・都市計画税)

負担調整措置なし

3,549,577

 

課税標準額をまとめると下記の表になります。

  固定資産税 都市計画税
土地 1,744,619  3,672,885
家屋

3,549,577

3,549,577

課税標準額

(千円未満切捨)

5,294,000

7,222,000

 

 

③ 税額を求めます。

(1) 固定資産税

5,294,000 × 1.4% = 74,116

 

※ 固定資産税相当額(端数処理によりズレが生じます)

土地 1,744,619 × 1.4% = 24,424

家屋 3,549,577 × 1.4% = 49,694

 

 

(2) 都市計画税

7,222,000 × 0.2% = 14,444  

 

※ 都市計画税相当額(端数処理によりズレが生じます)

土地(都市計画税) 3,672,500 × 0.2% = 7,529

家屋(都市計画税) 3,549,577 × 0.2% = 7,099

  

 

(3) 税額

74,116 + 14,444 = 88,500(百円未満切捨)

 

よって、固定資産税額・都市計画税額は 88,500 円 となりました。

 

 皆さんもご自分の固定資産税の計算に間違えがないか?

計算をしてみて下さい。

 

「何だか良くわからないな~」と思われる方

“あなたの立場で最適なアドバイス”をモットーにしている当事務所!

税理士法人鳥山会計にご相談下さい。

 

 

川越市・ふじみ野市・富士見市・志木市・新座市・朝霞市・和光市

板橋区・練馬区・豊島区で

税理士をお探しでしたら

税理士法人 鳥山会計 まで 

 

志木オフィス 埼玉県志木市本町4-14-2 鳥山ビル

池袋オフィス 東京都豊島区池袋2-65-6 慶愛鳥山ビル

 

オフィシャルホームページ http://www.toriyama-k.jp/

税務調査ナビ http://www.tk-zeimuchosa.com/

 

初回フリーコールでご予約下さい。 

0120-988967

メールアドレス  このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 メールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 ファックス 048-476-8587 



「税理士に依頼すると費用はどれくらいかかるの?」
「顧問料って高くない?」など
まずはお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

池袋オフィス
税務顧問先ご紹介キャンペーン






 

会計法人鳥山会計本社

〒353-0004
埼玉県志木市
本町4-14-2鳥山ビル
TEL:0120-988-967
FAX:048-476-8587

 

小売業 卸売業 飲食店 不動産業 製造業 建設業 運送業 造園業 広告業 医療 個人開業医 歯科医 介護 その他サービス業など法人・個人などの記帳代行、税務調査、税金、節税、相続税に対応できる税理士・会計事務所

主な営業エリア

川口市 鳩ヶ谷市 蕨市 戸田市 上尾市 桶川市 北本市 鴻巣市 北足立郡 伊奈町 西部地域 埼玉西部第川越市 所沢市狭山市 入間市 富士見市 新座市 志木市 朝霞市 和光市 ふじみ野市 入間郡毛呂山町越生町三芳町 埼玉西部坂戸市 鶴ヶ島市 飯能市 日高市